SEICAとは
SEICAロゴ
青果ネットカタログ「SEICA」が知らせたいのは、 野菜や果物たち一個一個の素顔です。

どんな農産物であっても一品目ごとにそれを生産した人がいて、それぞれの思いが込められています。日々膨大な量と種類に上る農産物一品目ごとに、その産地、栽培方法、生産者情報などの情報に「思い」を付けて流通させることは現実的にはなかなかできません。青果ネットカタログ「SEICA」は、インターネットなどIT技術を駆使して、生鮮産品一品目ごとの情報を公開し、生産者と消費者、さらに流通業者との間でそれぞれの間で情報のやりとりを目指した「生鮮食品等取引電子化基盤事業」(*1)の一環として実現しました。

SEICAとは

  1. SEICAの特徴
  2. SEICAのしくみ
  3. SEICAご利用上の注意
  4. 活用事例
  5. SEICAに関する資料

(*1) 生鮮食品等取引電子化基盤事業=高度情報化社会の実現を目差し、平成9年度〜13年度の農林水産省の補助事業として進められている生鮮産品の電子化事業。青果、食肉、魚、花きなど膨大な数に上る生鮮産品の「標準コード化」、標準コードを用いた電子取引実験などを進めている。これら電子商取引推進の総仕上げとして、実際に流通している青果物のデータベース化が(財)食品流通構造改善促進機構で企画され、(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所が開発した「農産物ネット認証システム」(VIPS)の技術導入と産学官が連携した開発により、青果ネットカタログ(SEICA)が生まれました。